スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本的に

糖尿病リスクや、妊娠中毒症のリスクが、妊娠中の急激な体重増加には伴うと言われています。妊娠中のお母さん自身の健康維持のためにも、ダイエットをするよう医師から指導されます。妊娠中に過度に体重が増えてしまった場合です。妊娠中は、プロポーションを整えるためにダイエットをするのではありません。

太りすぎを予防することは、出産の負担を軽減する効果もあるわけです。妊娠中にダイエットをしすぎると体力も低下します。ただし、お腹に赤ちゃんがいるからといっても、かつて言われていたように2人分食べるという意味ではありません。子どもが生まれてからは体力も大事ですので、大事にしておきたいものです。

妊娠中に脂肪が付きすぎると産道が圧迫されて十分開かずに難産になってしまうこともあるそうです。基本的に妊娠中のダイエットはするものではありませんが、医師の指導でダイエットが必要な人もいます。妊娠中のエネルギー量は2200カロリープラス胎児の分の300カロリーで十分だといいます。

しょっぱいものを食べ過ぎず、適正なカロリーと栄養バランスの食事をするように意識していきましょう。太りすぎは妊娠中の健康に悪影響を及ぼしますが、増えた体重が+10kg程度であれば問題のない範囲であり、特に問題視せずとも構いません。母体と胎児の健康状態を維持するためのものです。

スポンサーサイト

制御

カロリーが枯渇している状態に対して脳が危機を感じて、ホメオスタシオスの活動を促がすことによって起こるものなのです。停滞期中の体は、エネルギーをなるべく制御して使用するようになります。体脂肪として少しでもあまった分を蓄積します。ダイエットの停滞期が起こるには理由があります。

生きていくためには必要な機能ですが、ホメオスタシオスが働くとカロリーが消費されにくくなり、ダイエットしても体重が減りにくくなります。ダイエット時の停滞期はこのような働きによって起こります。ダイエットをすると停滞期に入るのは、体のどのような仕組みが原因なのでしょうか。あまりカロリーを摂らなくても体の中のエネルギーが十分保たれるように代謝をダウンさせたり、食事から摂るエネルギー量を増加させます。

不可欠なのは停滞期にきちんと対応をすることで、ダイエットは滞りなくできているということだともいえるでしょう。停滞期がダイエットをしている間に起こるのは自然なことだともいえるのではないでしょうか。基礎代謝や運動時のカロリー減少を減らし、カロリー摂取が少なくとも体を維持できるようにするわけです。食べることを何か理由があってしない状況で数日経つと、何とか体を維持しようとする働きを、危機的な状態にあると判断した体がするようになります。

代謝やエネルギーの吸収率などを、体温や血糖値などを生存し続けるために必要な数値におさめるために、制御するものだといいます。ダイエットの停滞期が起こる理由です。どんなに危機的な状態でも体がある程度は機能するように、人間のには、ホメオスタシオスという働きがあるといいます。

プロフィール

ハナ

Author:ハナ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。